Wake on LAN

自分の環境だとノードを停止させるタイミングは HA のテストくらいだけど、とりえず停止中のノードを Wake on LAN で起動するように設定してみた。

STEP
UEFI

オンボード LAN からの起動を有効にする。UEFI 設定画面は DeskMini の場合 PC の電源投入後 "DEL"キーを連打すれば出てくる。

STEP
MAC アドレスを調べる

ターミナルから ip a とかで物理インターフェースの MAC アドレスを調べる。

STEP
ノードのオプションを設定する

Proxmox 管理画面でノードを選択して、オプションの Wake on LAN に調べた MAC アドレスを入力する。

MAC アドレス
STEP
ethtool をインストールする

ターミナルで ethtool をインストールしてから ethtool -s enp2s0 wol g を実行する。Wake-on が "g" になっていればOK。物理インターフェースの名称(enp2s0)は適宜読み替えを。

root@x301:/# ethtool enp2s0 | grep Wake-on
	Supports Wake-on: pumbg
	Wake-on: g
STEP
crontab に登録する

このままだと Wake-on の設定は保持されないから、PC の起動時に実行させるよう次の1行を crontab に追加する。

@reboot /usr/sbin/ethtool -s enp2s0 wol g

systemd を使う方法もある。お好みでどうぞ。

STEP
試してみる

ノードが起動中の場合は、右クリックで表示されるメニューの Wake-on-LAN はグレーアウトしている。停止中のノードなら選択可能。

コメント

コメントする

目次