サイトヘルスステータス

WordPress が 6.1 になったことだし、サイトヘルスを確認したら次のお勧め改善が表示されていたから改善してみる。

永続オブジェクトキャッシュを使用してください
ページキャッシュは検出されませんでしたが、サーバーのレスポンスは良好です

サイトヘルス
目次

永続オブジェクトキャッシュを使用してください

Redis のインストール

次のサイトを参考に Redis をインストールする。専用の仮想マシンを用意しても良いけど、とりあえず公開 Web Server と同じ仮想マシンで 127.0.0.1:6379 に接続することした。

プラグイン Redis Object Cache のインストール

WordPress の管理画面から Redis Object Cache をインストールして有効化、Redis Object Cache の設定画面で Enable Object Cache をクリック。

有効化前

これで1つ目のお勧め改善は終了。

ページキャッシュは検出されませんでしたが、サーバーのレスポンスは良好です

もともと SWELL には独自のキャッシュ機能が備わっているからキャッシュ系のプラグインは不要。

それでも、"とりあえず"サイトヘルスステータスからメッセージを消すために WP Super Cache をインストールして有効化した。

結果

サイトヘルスの結果は"すばらしい!"になった。

サイトヘルス(改善後)

PageSpeed Insights の結果は改善前後でいまのところ変化なし。そのうちキャッシュがきいてくるだろうか?

PageSpeed Insights(改善後)

問題

Redis Object Cache

カレンダーが1月に固定されてしまい、「今日」を表示しなくなる。カレンダーが不要な場合は無関係だけど。
ということでプラグインを削除する。

WP Super Cache

WP Super Cache を有効化すると、設定画面で wp-cron が停止しているというメッセージが出る。

CRON システムは停止中
WordPress CRON ジョブシステムは停止しています。ガベージコレクションシステムは手動で CRON システムを動かさない限り動作しません。

wp-cron.php はシステムの cron で動作させているから、「手動で CRON システムを動かせばガベージコレクションシステムは動作する」ということ。ならメッセージは放置でいい。


でも、SWELL の高速化で何も不満はないから、WP Super Cache も削除して WordPress のサイトヘルスお勧め改善は無視することにした。

・・・お勧めか?

コメント

コメントする

目次