Windows11 on Proxmox VE 7.1

これまで Windows11 仮想マシンのドライブは local に設定することで起動できていたけど、PVE が 7.1 になって、OS と TPM の各ドライブを ceph に配置しても問題なく起動できるようになってた。以前は自分の環境だけの問題だったかもしれないけど。
CPU も既定の kvm64 で大丈夫。これならライブマイグレーションも可能。

試しに Windows11 インストールアシスタントからダウンロードした ISO でクリーンインストールした様子がこちら。
インストール途中で必要になる virtio-win-0.1.208.iso はこちらから。 qemu-guest-agent のインストールを忘れないように。
インストール時は virtio-win-0.1.190.iso を使ったけど、後から最新版があることを確認したから 0.1.208 を再インストールした。

特に問題なかったから運用中の Windows11 仮想マシンのドライブも ceph に移動。
virtio-win-0.1.208.iso を適用したとき、仮想マシンの2台のうち1台が DHCP によるアドレス取得になってて RDP 接続ができずに少し悩んだ。PVE の管理画面のコンソールから固定 IP に変更して元どおり。

Proxmox の開発に携わっている皆さん、ありがとう。

コメント

コメントする

目次
閉じる