Proxmox でディスクを追加

Nextcloud が便利すぎて、調子に乗って画像や音楽ファイルやサイトのバックアップデータやらと、ノート PC のフォルダを片っ端から同期させた。

結果、当然のごとく500G の倉庫用 SSD があっというまに、満杯になってしまった。

Proxmox のバックアップ設定は、とりあえず2世代を保存することにしているが、いくら圧縮保存するとはいえ 200G の仮想マシンのハードディスクを2世代というのは流石に無理があった。

・・・自身の見通しの甘さを象徴する事象ではあるが、そんなこと言っても仕方がないので SSD を増設することにした。

今回は 1T の 2.5インチ SSD から WDS100T2B0A を選択。発熱が心配だったから NVMe は選択肢になかった。
DeskMini は 2.5インチドライブを2台収納できるから便利。ただし SATA の MB 側コネクタが差し込みにくいのが難点。

Proxmox でストレージを追加する方法は色々あるみたいだが、物理的にとりつけた後、fdisk -l でデバイスが /dev/sdb 等として認識されていれば、後は Proxmox の管理画面の「データセンター」でノードを選択し、「ディレクトリ」から「作成:Directory」をクリックすればいい。コンソールからのパーティション作成やフォーマット、マウント等の作業は不要で、自動で /mnt/pev/ 以下にマウントしてくれる。

上手く行かないようなら念の為、

# sgdisk --zap-all /dev/sdb

でデバイスを初期化してみると幸せになれるかもしれない(やり直しのときも同じく)。

コメント

コメントする

目次