ディスクの拡張

仮想マシンを使用しているうちに後からディクスサイズを拡張したくなることはあると思う(見通しが甘いとも言う)。
そんなときに LVM なら物理ドライブを増設してボリュームグループに追加して論理ボリュームを増やすことが可能。
今回は物理ドライブは増設せずに、単純に仮想マシンのディスクを Proxmox でリサイズ(拡張)して LVM で論理ボリュームを拡張してみたときの手順をメモ。

目次

ディスクのリサイズ

Proxmox の管理画面から仮想マシンを選択してディスクのリサイズを実行する。

パーティションの拡張(最大化)

拡張したい仮想マシンを起動してから ssh でログインして実行した。Proxmox のコンソールからでもお好きな方で。以下は、リサイズしたディスクをまるまる使用する場合のコマンド。

$ sudo cfdisk /dev/sda

物理ボリューム拡張(最大化)

$ sudo pvresize /dev/sda3

ボリュームグループはディスクを追加していないので変更なし。

論理ボリューム拡張(最大化)

対象の論理ボリュームを lvdisplay で確認してから lvextend を実行する。

$ sudo lvdisplay 

# LV Path を指定
$ sudo lvextend -l +100%FREE /dev/ubuntu-vg/ubuntu-lv

非 LVM の場合

パーティションの拡張と ext4 ファイルシステムのリサイズは、PVE の 管理画面で仮想マシンのディスクのリサイズを実行してから次のコマンドで。

# パーティションの拡張(fdisk でもいい)
$ sudo cfdisk /dev/sda

# ファイルシステムのリサイズ(最大化の場合)
$ sudo resize2fs /dev/sda1 

以上。

コメント

コメントする

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

目次
閉じる